中古車の上手な選び方

Web Template

車の持ち始めは新車が良いと思う方は大半でしょうが、資金面を考えるとなかなかそうはいかないことも多いと思います。

そこで、考えるのが中古車ですが、走行距離や、事故歴、モデルの年数など考えなければならないことがたくさんあります。
そこで、今回は中古車の選び方の一例を示します。


まず、第一に車種です。

普通車と軽自動車では大きく異なり、軽自動車は需要の高さからか、本体価格が高い傾向にあり、逆に普通車はそこまで高くはありません。


税金や燃費などのトータル資金面で見れば、軽自動車が追い付いてきますが、初期費用が高いと覚えておくべきです。

次に、走行距離と事故歴でしょう。

走行距離が多いほど安くなりまして、中古車は10万キロ以上走っているものも多くあり、それらはモデルが古いとも言えます。

中古車の情報も多数ご用意しました。

中古車で10万キロ未満であればまだまだ走れると思っていただいて大丈夫です。



また、事故歴がある車はかなり価格が安くなります。気にしない方なら大丈夫ですが、見極めは大切で、店員の方に事故歴があるかはきちんと聞いておきましょう。


最後に、車検の有無で、これは費用面で大きなポイントとなります。

車検は10万円以上かかることも普通で、車検があるかないかで費用が断然変わります。

マイナビニュースのことならこちらのサイトにお任せください。

本体価格が安くても車検がすぐ切れてしまうだったり、そもそもついていないという場合は再考すべきであると言えます。
中古車の選び方は本人次第ですが、ポイントを知っておけば上手な選び方ができるでしょう。